私の好きな韓国語の本

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国語の本 「空間と妖精」 キム・ハンミン著

<<   作成日時 : 2013/06/13 23:26   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 「공간의요정」 「空間と妖精」 김한민 キム・ハンミン著
この本は5月にソウルに行った時大学路にある
芸術関係主体の本屋さんで買いました。
ベストセラーとか有名作家の本もおいてありました。
読みやすく面白い本を探しているといったら
そんなに有名で無いけれどイラストライターで始めて
書いた小説で、絵が面白くわかりやすいと薦めてもらった本です。
画像

表紙は主人公の女の子(송이)ソンイです。
男の子みたいですが女の子です。 

中味です。このようにイラストがあるのでよくわかります。
韓国語もそんなに難しくありませんでした。
画像


「空間と妖精」 面白い題です。
妖精については北海道を舞台に妖精の物語を
していますが、妖精のイメージは小さくてかわいくひ弱のものと
思っていたのですが、
ここにでてくる妖精はちょっと違っていました。
ここにでてくる動物園が面白いのです。
話の大きなながらのお話は動物園を主体にしています。
ありとあらゆることを研究している父親に
育てられている少女ソンイが主人公です。
父親の研究の一つに妖精学があり
ソンイはそのお手伝いをするために妖精の
えさである詩を読んで聞かせると妖精のえさを噴出する
詩ミミズ(시지러이 )を養成しています。
ここら辺から面白い発想です。
詩ミミズ(시지러이 )の噴出したえさを妖精が食べると
気粉(기분)を出し、それが父親の店の製品にになるそうです。
妖精は一定の空間で成長し、その空間でこどもを生みます。
ソンイの母親は何処にいるのという質問に
父親も一つの空間でおまえを生んだから
ソンイも妖精であると言い聞かせます。
父親の商売を助ける助手の(우고)ウゴが動物園で
父親にスカウトされ、妖精に捕獲からソンイの世話まで
彼が引き受けることになります。
ソンイはウゴと仲良しになります。
ここまでが一部で
二部では都市への移り変わりによって
妖精たちのすむ空間がなくなっていきます。
その上ひねくれた妖精まで現れてきます。
空間がねじれると妖精までおかしくなり死んでいくものも
増えていきます。
最後のは父親までおかしくなり、ウゴもどこかへ行ってしまいます。

本の帯の紹介文です。

꼬마 소녀의 눈으로 본 인간과 오장의 게계
幼い少女の目で見た人間と妖精の世界

어른들의 탐욕으로 자라지는
大人たちの貪欲のためにいなくなった

정든 공간에 대한 통렬한 비판과 풍자!
なじんだ空間に対する痛烈な批判と風刺!

都市化されていく空間と自然の中でしか
生きられない妖精の世界を妖精学と言う面白い学問と
父親と娘と助手の生き方からなる
面白い世界のお話でした。
イラストがとても面白く楽しく読みました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
まず表紙のイラストが面白いと思いました。
中のイラストも文字も大きくていいですね
私も読めるかなー??なんて
最近ちょっと読むことが面白くなってきました
もちろん今は、日本語訳があるものです
それでもまず 訳を見ずに辞書を引きながらやってみる
これが面白くなってきたところです (^^)
kumi
2013/06/14 06:47
お早うございます。
韓国語の本を読んでいると辞書無しですっ飛ばして
読める本と辞書無しではまったくわからない本がありますね。
いったん辞書を引き出すと引かずにはおられなくなります。
この本は絵があるので辞書無しで読みました。
絵がとてもユニークで面白かったです。
ゆきんこ(管理人)
2013/06/15 07:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国語の本 「空間と妖精」 キム・ハンミン著 私の好きな韓国語の本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる