私の好きな韓国語の本

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ゴッホ・絵の旅行」 ゴッホと一緒に行くオランダ・フランス散策 チェサンウン著

<<   作成日時 : 2014/04/21 18:31  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 三月三十日ソウル旅行の時にミュージカル
「ビンセント・バン・ゴッホ」を見ました。
ゴッホの絵の映像をふんだんに使って、
ゴッホがなくなってから六か月後の話でした。
テオがゴッホとのやり取りの手紙を中心に話が
すすめられます。
二人で演じるミュージカルでとても面白かったです。

その時、ゴッホの誕生日でイベントがあり
本が当たりました。、

「고흐 그림여행 」
「고흐와 함께하는 네덜란드・ 프랑스 산책」
          최상운  글 ・사진
「ゴッホ・絵の旅行」
「ゴッホと一緒に行くオランダ・フランスの散策」
          チェサンウン著  文・写真

画像


旅行から帰って4月初めから読み始め18日に読了しました。
内容は題名通り、著者がゴッホが書いた絵を追って旅行する話です。
著者がこの作品を見て、ゴッホを追いかけようと思った作品
「까마귀가 있는 밀밭」(カラスがいる麦畑」
画像


オランダ  アムステルダム・オテル・ヘイク
フランス  パリ・アルル・センレミドブロバンス・オペルシィロウワイズ

ゴッホの描いた作品を追って作品が展示されている美術館
ゴッホが住んだ町、彼が描いた風景を訪ねる旅です。
ゴッホの生きた時代の様子や友人たち、一緒に絵の仲間たち
特に弟テオとの仲など手紙の紹介など
著者が旅行する中でえがかれていきます。
旅行で見た街の様子もよくわかり旅行記としても楽しく読みました。
特にゴッホの作品については絵そのものの説明。
そしてその絵の描かれた時のゴッホの状況などがよくわかります。
絵の説明の所は詳しく、絵を見ながら読みました。
旅行記としても美術書としても面白く一気に読みました。
とにかくゴッホの絵がたくさん満足しました。
有名な「ひまわり」
画像

ゴッホは貧しい苦しい中で絵をかいていたことがよくわかります。
友人ゴーギャンと仲たがいして自分の耳を切ることまでします。
精神的に追い詰められていく様子もよくわかり、
晩年は病院の中ですごします。
自画像が多いのもモデルを雇えない理由からだったそうです。
ゴッホ公園の中にあるゴッホの銅像です。
画像

旅行していてゴッホが描いた絵の建物がそのまま残っているのも
興味深く見ました。
修道院の廊下で左側が残っている建物で右側が絵です。

画像

ゴッホが1890年に拳銃で自殺し、弟テオは1891年に亡くなっています。
二十四年後にテオの奥さんの配慮によって二人はならんでいます。
著者と一緒にゴッホを追いかけて楽しく読みました。

この本を読んでからミュージカルを見たらもっとよかったのにと思いました。
ミュージカルの再演があれば絶対に見ようと思っています。

実はゴッホの展覧会は2007年はソウル市立美術館で
2013年には芸術の殿堂美術館で見ました。
三回シリーズになっているようなので
次回もソウルで見たいと思っています。
その時のポスターです。
画像


私にとってもゴッホとソウルは本当に縁があるようです。

最後のこの本を読んでオランダの国立美術館
ゴッホ美術館にぜひ行ってみたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
私も韓国語を習い2年、今年から韓国でのミュ観劇にすっかりハマっております。
今年見れなかったゴッホ、サリエルの会場でOSTを購入出来たので聞きながら調べてこちらにお邪魔いたしました。来年の再演はぜひ私も見たいと思っています。
私にはまだ本は難しいですが、本を読んでから観劇したらさらに理解が深まりそうですね。
kaz
2014/08/29 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ゴッホ・絵の旅行」 ゴッホと一緒に行くオランダ・フランス散策 チェサンウン著 私の好きな韓国語の本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる